美容皮膚科でのレーザー治療

年齢を重ねれば誰でも顔のたるみは生じます。加齢によるたるみはある程度は仕方ないですが、若い人で生じる顔のたるみは大きな悩みとなります。このたるみは老け顔の原因となり、たるみがあるだけで10歳も老けてみられてしまうこともあります。

この顔のたるみにはいくつかの原因があります。肌のハリを保つために重要なのが線維芽細胞です。この細胞によって肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分を作り出してくれます。紫外線によって線維芽細胞がダメージを受けると、これらの成分の生成が上手くできずハリを失うことになります。また、加齢によって線維芽細胞の機能が衰えることもたるみの原因です。

その他にも、乾燥であったり、表情筋の衰え、姿勢の悪さなどもたるみが生じる原因となります。しかし、乾燥や表情筋、姿勢は、意識すれば改善が可能です。基礎化粧品によって肌の乾燥を防ぐことは可能ですし、表情筋も毎日意識的に運動をすれば鍛えることができます。姿勢も、努力次第で改善が可能でしょう。

ただ、線維芽細胞の機能の衰えはどうしようもないと感じている人もいるのではないでしょうか。そんな人に最適なのが美容皮膚科で受けられるレーザー治療です。この治療を受けることで、気になっているたるみの改善効果が期待できます。ここでは、なぜレーザーを照射することでたるみが解消するのか、レーザー治療での注意点について紹介します。たるみを解消してアンチエイジングをしたいと考えている人はぜひ参考にしてください。